インターネットエクスプローラーが危険。どう対処する? 代替の閲覧ソフトは?

※2014年5月2日追記※
下記の記事は2014年5月1日に書いたものですが、2014年5月2日現在、マイクロソフトが修正プログラムの配布を始めています。
報道でも、「インターネットエクスプローラーで自動更新を有効にしていれば、何もする必要がない」と流れていました。この点については、別記事 インターネットエクスプローラーの危険性を回避したプログラムに更新されているか、チェックと対策 をご覧ください。
※追記ここまで※

インターネットエクスプローラーにセキュリティ上の欠陥が見つかったので、他の代替閲覧ソフト(ブラウザといいます)を使うように、と盛んに周知されています。じゃあ、どうすれば?という問題です。

パソコンにそれほど詳しくない方は、パソコンを買った時からインターネットエクスプローラーが入っていて、最初からダブルクリックするだけでホームページを見られたのではないでしょうか。

そのまま使っているなら、自分のブラウザがインターネットエクスプローラーかどうかも、ピンとこないかもしれません。

「インターネットエクスプローラーじゃなくて、ヤフーを使っているよ」という人もおられますが、「ブラウザ」はヤフーを見るための額縁の部分なので、ヤフーを表示するためにインターネットエクスプローラーを使っている、という状態がよくあるわけです。

ちなみに、ホームページを見る時にクリックするアイコンが下のものだったら、それはインターネットエクスプローラーを使っているということです。

もしも、このブログを見てくださっているブラウザがインターネットエクスプローラーであるなら、そのままインターネットエクスプローラーからでいいので、すぐに別のブラウザをダウンロードしてインストールして、ブラウザを変更するべきだと思います。主なブラウザは、すべて無料です。

とりあえず一つを紹介すると、Firefoxファイアフォックス、ファイヤーフォックス)はお勧めできます。

http://www.mozilla.org/ja/firefox/new/ の、「最新のFirefoxをダウンロードする」からダウンロードできます。
「最新のFirefoxをダウンロードする」をクリックすると、各国語版を選べる画面になります。

下にスクロールして、日本語版を選んでください。

ダウンロードは、ウインドウズかMacかなどの4種類があります。このブログを読まれている方でよく知らずにインターネットエクスプローラーを使っている方は、ほとんどは左端のウインドウズが該当すると思います。Macを使われている場合は、左から2番目のMac用になります。

私がしたときは、インターネットエクスプローラーの「お気に入り」もそのまま移せたと思います。インストールは簡単ですし、使い勝手もインターネットエクスプローラーとそれほど変わりません。

マイクロソフトが改善策を出すのは時間の問題でしょうが、これだけ脆弱性が喧伝されると、急いで悪さする人も増えるかもしれません。

Firefoxはホームページの表示が速く快適でもあるので、「自分のところなんて狙われないよ」などとは思わずに、ブラウザの変更、ぜひしておいてください。

他に、Google chromeグーグルクローム)もあります。シェアでいうと、こちらのほうが高いと思います。
ダウンロードサイトは、http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/browser/ です。