コミュニティカフェ「さたけん家」で、ワンデイシェフさんのハロウィーンデザートをいただく

大阪府吹田市にあるコミュニティカフェ「さたけん家」(さたけんち、と読みます)の、設立以来の活動を検証するプロジェクトに参加中。

さたけん家では、近隣のお母さん方が日替わりで「ワンデイシェフ」となり、手作りランチを提供されています。500円で、バランスよいランチがいただけます。

今日は、プロジェクトを定期的に報告するニュースレター作成ワークの打ち合わせに参加。打合せ後のランチのほうが主目的だったりして(嘘です!)。
デザートとコーヒーを追加注文。ハロウィーンスペシャルのデザートは、ワンデイシェフさんの力作です。

木曜のワンデイシェフは、精神障害者の就労支援事業所が入られて、障害のある方も料理を運ぶなどされています。
また、「子どもの学習支援」の事業では、大学生が中高生に教え、中高生が小学生に教えています。勉強タイムの前には、ワンデイシェフをされているお母さん方が夕食を提供(これも500円です)。食卓を囲んだ後、お兄さんお姉さんに勉強を見てもらう…的な、家庭の延長のような雰囲気が魅力です。

ちょっと得意なことを教え合う住民同士の講習会・ワークショップや、イベントも盛ん。地域の縁側のような、素敵なスペースです。

同じカテゴリーの他の記事