マウスの使い過ぎで指が痛いので、左手クリックにしてみた

ずっと前にキーボードの打ちすぎで腱鞘炎になったことがありますが、今はマウスの使い過ぎで、クリックするときに使う人差し指の付け根か第一関節か第二関節あたりが痛くなることがあります。

整形外科とかで治すのかなとも思いますが、面倒だし、それほどひどくもないので、緊急避難的に左手クリックを混ぜるようにしてみました。

ちなみに、腱鞘炎で痛みが強いときはすぐ整形外科に行くのが良いです。薬とかでは長引くばかりなので、痛いけど注射してもらうのがお勧めです。

マウスを左手クリック仕様にする方法(ウインドウズ8の場合)

  1. マウスを画面の右側に寄せて、「設定」を選択。
  2. 上部に「コントロールパネル」が出てくるので、選択して表示。
  3. 「マウス」画面を表示。
    「ボタンの構成」の、「主と副のボタンを切り替え」にチェックを入れる。

入れた瞬間から左手クリック仕様になる…つまり右クリックボタンが通常のクリックとなるので、ここからはマウスを左手に持ち替えて操作することになる。この画面の「OK」も、右側のクリックボタンを押さなければならない。

普段から時々これにして左手クリックにも慣れておけば、いざというときに困らないと思います!

同じカテゴリーの他の記事