レンタルサーバーの引っ越し(移転)の一般的な手順

このところレンタルサーバーの引っ越しに携わる機会があり、結構大変でしたので、手順をメモしておきます。
メールサーバーの部分は試行錯誤しながらだったので、ちょっとあやふやです…

移転先サーバーの準備

新サーバーを申し込んで、使えるようにする。旧サーバーもそのまま保持する。

最新データや設定情報の保存

旧サーバーのウェブサイトのデータ一式を、手元にバックアップする。

旧サーバーに設定しているメールアカウントと、メール関係の設定情報あれこれを、メモ帳などにコピーする。

新サーバーにドメイン設定

新サーバーに独自ドメインを設定する。新旧の両サーバーに、同じドメインが設定されている状態。

新サーバーにウェブサイトのデータをアップ

旧サーバーのデータはそのまま置いてある状態で、新サーバーに、同じウェブサイトのデータ一式をアップロードする。

そして、新サーバーでウェブサイトが見れるかどうか、ブラウザで表示・動作を確認する。
このときのURLは、通常のURLだと旧サーバーにつながるので、いつも通りに表示されて当然。新サーバーにつないで見るための方法は、新サーバーのサポートで通常紹介されているので、それに従って見る。

新旧サーバーのどちらに届いたメールも見れるよう、メールソフトに設定する

日頃メールチェックするパソコンのメールソフトには、旧サーバーのメールアカウントが設定されている状態である。
この旧サーバーのメールアカウントのPOP3とSMTPを、ドメインではなくIPアドレス(サーバを特定する数字列)に変える。

そのうえで、新サーバーのメールアカウントを追加する。

つまり、同じメールアドレスで、サーバー情報が異なる2つのアカウントができている状態。こちらは、ドメイン名で設定しても大丈夫… なはず。

これで、メールが新旧どちらのサーバーに届いても、パソコンのメールソフトで受けとれる。

DNSサーバーの書き換え

DNSサーバー(ドメインネームサーバー)の設定を、新サーバーのものに変更する。

DNSサーバーは、ドメイン名とIPアドレスの対応表を持っていて、照らし合わせて外部からの問い合わせに答えるもの。
この時点では、ドメインに対応するIPアドレスが旧サーバーのものになっているので、それを新サーバーのIPアドレスに変えてやる必要がある。

DNSサーバーは、ドメインを管理している会社にあるので、旧サーバーでドメイン管理してもらっていてそのままドメイン管理だけ続ける場合や、ドメイン管理のみを別会社に頼んでいる場合は、その管理会社にDNSサーバーの書き換えをしてもらうことになる。

ドメインの行き先が、徐々に新サーバーになる

ドメイン管理会社のDNSサーバーは書き換え直後に新しい対応表で照会してくれるが、世界中のパソコンなどがそれぞれ照会しにいく、たーくさんのDNSサーバは、しばらくは古い対応表を持ったままである(キャッシュ機能)。

いずれは対応表を新しくしてくれるが、その期間は2週間ほど見ておく。

参考:
レンタルサーバーサービスDerahost
http://www.delahost.jp/support/manual/move/
ドメイン取得の手引き
http://domain.hassin.info/cat19/