エックスサーバーのSSLサーバー証明書自動更新が失敗… 手動更新で完了

エックスサーバーの無料独自SSL

エックスサーバーには、無料独自SSLが利用できるという優れたサービスがあります。
この無料独自SSLは有効期限が90日なのですが、気が利くことに、エックスサーバー側で自動更新してくれます。(ありがたいことです。)

が、先日、自動更新に失敗して、更新作業を正常に完了することができなかったというメールが来ました。
対処方法として、エックスサーバーサイトでは以下が挙げられています。
(https://www.xserver.ne.jp/manual/man_server_ssl.php より)

(1)設定ドメインのネームサーバーもしくはDNSレコードがエックスサーバーを参照していない
(2)設定ドメインに対して、アクセス制限やリダイレクト設定が設定されている

メールには、ネームサーバーの修正、DNSレコードの修正、.htaccess の設定変更などが案内されていました。
ドメインを他社管理していたり、.htaccessを書きかえていたりなどイレギュラーな使い方もしていたので数時間かけて調べたのですが、「絶対これが原因」というのが分かりません。結局当初の状態のままで、エックスサーバーのSSL設定から「更新」ボタンを押してみました。

180612_254

すると、少し待ったら何ということもなくSSLの更新が完了しました!

とりあえず更新ボタンを押してみる

自動更新できない原因に挙げられている項目は、ほとんどの人が何かしら思い当たるというか、該当の可能性を感じるのではないでしょうか。真面目にあれこれ調べて試行錯誤しがちだと思いますが、自動更新のタイミングが悪かっただけのことも多分あります。

ほっといても有効期限内にあと2回自動更新のチャレンジをしてくれますし、それですんなり更新されたという方もおられますが、もし本当に対処が必要だったら早くしたほうがいいですよね。気になるでしょうから、まずは手動で更新ボタンを押してみることをお勧めします。

調査の際は、こちらのページが参考になりました。
レンタルサーバーの始め方:エックスサーバーの無料独自SSLが自動更新に失敗したら手動で更新しましょう