法人化第3期のふりかえり

第3期は、2019年5月から2020年4月です。

第3期の制作実績

webサイトリニューアル:8サイト
既存サイトにギャラリー機能追加:1サイト
既存サイトにコンテンツ追加(取材・撮影含む):1サイト
webサイト更新、管理:14サイト
会報、情報誌、機関紙など定期発行物受注:計264ページ
報告書、冊子受注:計538ページ
ポスター:2点

WordPressサイト制作が増えました

webサイト関係の仕事は、過去に作らせていただいたシンプルなサイトの更新以外は全てWordPressです。お勧めポイントは、やはり更新の容易さです。
案件に応じた強みのあるwebエンジニアの方にご協力いただき、機能充実のwebサイトを提供できました。

企画から参加させていただきキャッチコピーやデザインを充実

webにしても紙媒体にしても、媒体企画は運営元の団体・会社で関係される方が話し合われるところから通常始まりますが、そうした企画の早期の段階から同席できる機会を何度かいただきました。

早期の企画会議では、媒体の目的や狙いに焦点が当たりやすく、全体設計や文案作成・デザインをさせていただくにあたって重要なヒントがたくさん見つかります。
思いや言葉をつむぎ直して喜んでいただけると、「この仕事をしていて良かったなあ!」と心から思います。

第3期を終えて1年経ち、改めて思うこと

第3期の後半頃から第4期にかけて、コロナ禍による企画変更への対応などもあって業務量が非常に多く、このふりかえりを書いている今は、実は第4期も終えた時期となっています。

ようやく2年前の実績をふりかえってみて、自分と異なる専門性をもつ外部の方の力がやはり大きかったことを痛感します。あの方、この方…みなさんがいなければ、第3期はとても乗り切れませんでした。ありがとうございました。

ただ、同時に自社の力を付けていきたいとずっと思いながら、忙しくて社員募集ができず、社員確保ができないから多忙、という悪循環に陥った時期でもありました。
第2期終了時には、「 ストック型のビジネスがほとんどできていないので、滞っている出版事業ほかでチャレンジ する」ことが目標でした。いまだに成果を出せていないので、この点は、改めて自分に課していきたいと思います。